海外進出101

JD(Job Description)について


JDについて
ジョブ・ディスクリプションは、職務を遂行するうえで必要となるスキルや条件、責任範囲や時間外手当の支給対象の有無などが記載されているもので、雇用主が従業員を雇用する際に提示されるべきものです。

この背景には日本とアメリカの労働慣習の相違があると考えられています。それは、企業の採用や人材配置において、日本は「人」中心であり、アメリカは「組織」中心であるという違いです。つまり日本の場合、社員は入社後、企業内で様々な部署をまわりながらトレーニングを受け、ジェネラリストに成長していきますが、アメリカでは、既存あるいは新規の組織図やポジションに対し、諸条件を満たす人材を採用、あるいはその業務をアウトソーシングして組織運営をします。要するにアメリカではスペシャリストが求められており、そのためにジョブ・ディスクリプションが必要になってきます。

また、ジョブ・ディスクリプションには、ポジションの役割を可視化することで差別的な問題を回避するという役割もあります。「この仕事を全うできるこの人に任せる」というスタンスが明瞭なのです。

さらに、ジョブ・ディスクリプションを提示することで、給与体系や評価制度が明確になり、論理的に組織運営することができます。

ジョブ・ディスクリプションの主な記述内容としては次の通りですが、新入社員でも「Administrative Assistant」や「Sales Representative」のように必ずタイトルがつきます。日本社会では昇進して初めて「課長」などのタイトルがつくのが一般的ですが、アメリカでは異なるところです。


ジョブ・ディスクリプションと人事サイクル

Job Descriptionの主な記述内容

  • ポジションのタイトル
  • 具体的な職務内容やそれぞれの業務の比重
  • 責任・権限の範囲
  • 期待される目標
  • 報告義務のある上司
  • 部下の数
  • 予算の枠
  • エグゼンプト(時間外手当支給対象外)、もしくはノン・エグゼンプトのどちらに分類されるか?
  • 職務に必要とされる知識、技術、学歴、資格など
  • 職務に必要とされる身体的条件
  • 業務における社内外の関係者
  • 契約書ではなく、「ビジネス上の変化に応じて変更する可能性がある」という但し書き
  • ジョブ・ディスクリプションを読んで、了承したことを証明する従業員の署名

アメリカへの進出でお困りのことがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせは、 03-6734-1273 午前9:00-午後5:00 (日本時間 土日祝日除く)